知人と秩父方面にツーリングに行ってきました。コースはいつも人任せですが、今回は私の自宅に近いというのもあり、初めて自分でコース設定を行いました。google mapでコース設定して事前に打ち合わせをしました。

GoogleMapで作成したルート

Google Mapでまずは目的地を設定。その後にどんどん経由地を入れて行きます。住所でも名前でも指定できますし、地図をポイントしても追加可能です。なので、事前にコース設定を行い、所要時間を計ることができます。とても便利です。

便利なのですが。。。当然ながら、このコースをナビに設定したかったのですが、どうやらgoogle mapのナビはそこまで対応をしていないようです。いろいろと探し回ったあげく、スーパー素晴らしいアプリを発見しました。なんと驚くべき事に無料です。 

ナビゲーターX

  • 経由地が8つ登録可能
  • 高速道路、有料道路の選択・非選択が可能
  • 自動ルート再検索
  • トリップコンピュータ
  • スリープタイマーOFF
  • ドライブレコーダー
  • 輝度設定

と、すごい点を挙げたらキリがないです!

特に私が感動したのは、「経由地が8つ登録可能」という機能です。Google Mapのナビでは経由地設定自体が出来ません(と私は思っています)。また、navicoは経由地設定がとてもやりにくいのです。。。あ、久しぶりにnavicoを調べたら、GoogleMapベースになって、更に!!値段が1/5になっているじゃないですか!

俺は6,000円で買ったのに、今1,200円だって。。。navico Gフラット.. 安くなったのはうれしいけど。。ちょっと微妙な気分。。しかも、GoogleMap対応になったことで、経由地追加も恐らくナビゲーターxばりに簡単に出来そう。。。

で、でも、ナビゲーターxは無料だから!そちらに軍配をあげよう!でも、navicoはオービスの位置とかも教えてくれるんだよね。。。

話を元に戻すと、経由地追加が8個も出来るんです!で、予めPCのGoogleMapでルートを作成して保存してあるので、こいつを呼び出すと経由地に大体住所が入っているので、これをナビゲーターxでも入力して行けば、GoogleMapで作成した地図がそのままナビゲーターxに再現されます。

で、ナビゲーターxがすごいのは、ここからです。出発地は必ずしも自宅ではありません。連れ立ってツーリングに行く場合はランデブーポイントが出発点になるわけです。なんとナビゲーターxは、自宅から遠く離れている出発点でも、右上の虫眼鏡マークを押すと、現在居る地点から地図で設定した出発点までのナビを追加してくれるのです!

これは劇的に素晴らしい機能です!

道に迷っても大丈夫。すぐに虫眼鏡を押せば最寄りの経由地までのルートを最短で計算してくれます。なので、考えようによっては経由地は8つではなく、それ以上ということになります。自宅から出発点もルートに入れてくれるので。。

いやーいいソフトを見つけてよかった。これからずっと使わせて頂きます。

あとですね。。。もう一つ素晴らしいアプリを紹介します。

Sphere です。

これは、パノラマを取ってくれるアプリです。そんなのiPhoneのカメラについてるじゃない!と思いますよね。全く違います。iPhoneのパノラマは横に長い写真が撮れるだけです。また、少しでもずれると何だかこの世のものではないような写真になってしまいます。

このSphereは、三回周囲の風景を撮るようにアプリから要求されます。中央でまず一回転。上部で一回転。下部で一回転。こうすることで、上を見ても下を見ても写真の一部として表示されます。まさに、自分がそこにいた瞬間と同じ状況(にかなり近い状況)を映してくれます。

facebookにシェアをすると、写真とともにアップされます。で、facebookのリンクをクリックするとfacebookアプリ内で3D?映像が楽しめます。つまり、風景がいいところに行って写真を撮ってそれをシェアする、ではなく、360度の写真をシェアすることにより、一枚の写真では味わえない臨場感も加わった形で映像?じゃない、拡張パノラマ(と呼ばせて下さい)を味わえます。

新しいタイプの映画館で、スクリーンが自分を覆うような感じで映し出すタイプがありますよね。まさにあれに近いです。現場に居る人の息づかいまで聞こえてきそうです。

ぜひ、インストールして試してみて下さい。無料です!