最新版!ぎっくり腰・慢性腰痛スペシャルという、NHKで特集している記事を発見しました。

どんなタイミングで、ぎっくり腰になるか?

ならないためには?

などが、画像付きで説明されています。

で、一番ビックリしたのはストレスが原因の場合もあるということです!

会社の製品の不具合で、大阪/名古屋に謝罪に何度も行ったり、外注に厳しいコストダウンを迫ったりしており。。。その外注先は今の自分の会社の立ち上げ時から関係がある会社でしがらみでいっぱいで、なかなかクビを縦にふってくれませんでした。当然と言えば当然ですよね。。でも、作業内容の割には結構な額のお金を払っており。。。正直、ノイローゼというか軽いうつになったしまいました。

ハーフマラソンに向けて、身体に負担をかけていたのもありますがその負担は通常の負担に比べても、対して大きい負担ではなかったのです。それにも関わらず、ぎっくり腰になってしまったので一番の理由が分らずにいました。

でも、このNHKの特集記事中のストレスが原因というのを見て、ハタと気づきました。

多分、ストレスが原因です。。もちろん、ヘルニアも持っているのですが、タイミング的に過度のストレスがかかっており、精神的にかなり不安定な状況でしたので、おそらくはストレスが主な原因と特定しても問題ないでしょう。。。

二カ月以上経過した今も完治しておりません。。今の会社の仕事内容が自分に全くあっておらず、毎日辛い思いをしているところへ遠方への謝罪行脚。。。

健康は大事ですね。皆さんの腰痛の原因も、もしかしたらストレスではないですか?